So-net無料ブログ作成
検索選択

角膜保護の目薬・眼軟膏 [顔面神経麻痺(ベル麻痺)]

少し前の記事で
りんちゃんが目にラップをして
寝ている写真を載せましたが、
顔面神経麻痺(ベル麻痺)も
中途半端で終わったままでした (^◇^;)
ちなみにラップをした写真はこちらに→
→→→「本日は脱線の間、かも」


りんちゃんがラップをするようになったのは
自発呼吸が止まって間も無くのこと。
シャント手術のあとひたすら寝ていたのですが、
目を開けたままだったので眼球が乾いてしまい、
白目の表面を走る血管は盛り上がり、
角膜はぶ厚く白濁し、色目は薄黄色に濁り…
落陽現象といって、水頭症でよくある症状で、
眼球がぐっと下を見て下の瞼に沈む様子は
「貞子」か「呪怨」か、
ホラー映画を彷彿とさせるほど。

角膜の炎症を抑えるために処方されたのは
通常の結膜炎などで処方される
クラビット、点眼薬。
image.jpg

更にタリビット、眼軟膏と
眼球の乾燥対策に処方されたのは
アイケア(ヒアルロン酸ナトリウム含有)。
image.jpg
アイケアの容器には
角結膜上皮障害治療用点眼剤と印字が。

眼軟膏は眼球の表面を被膜するので有効ですが、
視界が曇ってしまうのが難点。
ですが、りんちゃんにそんなこと言ってもね(^^;;
なので、先生に早く良くなるならばと
処方をお願いしました。

眼球の乾燥を防ぐため
眼帯、瞼をテープで固定、ゴーグル、
ガーゼやラップで保護、
あと治療用のコンタクトレンズもある、らしい。

りんちゃんは意思に関係なく目を開けるし
意図的に閉じることもできないので
りんちゃんには眼帯はあまり有効ではなく、
テープで固定も、一体どこにそんな力が?
と思う程どんなに閉じさせようとも閉じない瞼!

で、ガーゼで保護したのですが、
image.jpg
夜勤の看護師さんをびっくりさたくて
ついついガーゼにイタズラ描きしたくなるっ!
これ、11月頃かな?
HCUでラップを使い少し良くなったのに
ガーゼでは改善どころか、逆戻り!
再びラップで保護するようになりました。

その後リハビリの先生に
鼻筋、ほっぺ、顎におでこ、顔全体の皮膚に
頭皮までも強張っていると指摘され、
揉みほぐして少しずつ柔らかくなって
近頃では目を閉じられるようになりました。
継続して目薬を使っていますが、
目を閉じること、ラップで保護することは
りんちゃんには有益でした。
顔のマッサージについては
また記事を別にして…


顔面神経麻痺(ベル麻痺)も、
意識的に動かそうとしても動かない、
ぐっとつむっているつもりでも
瞼が動いていなくて、
瞬きができなくなったみたい。
りんちゃんのお父さんは
そんな状態で回復するまで
コンタクトはお休みしていました。
早い段階で治療に取り掛かったので
お父さんの症状はまだ軽い方でしたが、
瞬きができない状態がもう少し酷かったら
りんちゃんに処方されたような眼軟膏を
使うと先生から説明を受けたようでした。


りんちゃんと違う点は…
ベル麻痺の場合、
顔面神経の再生、修復の際のリハビリ。

麻痺した筋肉をゆっくりマッサージする事は
効果的なようですが、麻痺の程度によるようで、
むやみにマッサージすると再生中の神経にかえって
悪影響を及ぼすこともある場合も…
お父さんの場合は時折瞼を閉じるよう
軽く指で動かす程度で良かったみたいです。
お医者さんの指示に従って
リハビリされる事が大事かと思います。
少しでも早く良くなるようにと
躍起になってのマッサージはNGでしょう ^_−☆

顔面神経麻痺(ベル麻痺)について
書き残しがないか確認して
このカテゴリーが完結できるようにしなきゃ(;^_^A


nice!(19)  コメント(2)  トラックバック(1) 

nice! 19

コメント 2

みぃにゃん

この目薬と軟膏処方されたことあります。りんちゃんは意図的にしてないんだけどね・・・。
辛いこと一杯続きますが頑張ってるりんちゃんみると暑くなります!
少しでも痛みなどから解放されますように!
by みぃにゃん (2014-01-31 22:18) 

ぐうた

みいにゃんさん
以前さらまわしさんのブログだったか、コメントで目の事を知りました。詳細をはっきり覚えていませんが、いつも拝見しているブログからは全く感じられない事で少し驚きました。元気なみいにゃんさんとロッキー君に負けない位元気にいきますよ〜(^_−)−☆
by ぐうた (2014-01-31 22:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL: