So-net無料ブログ作成
入浴・入浴サービス ブログトップ

写真、伝える為、自分の為-病院編- [入浴・入浴サービス]

寝かせ続けて早二ヶ月っ!
なんとかしなきゃ[あせあせ(飛び散る汗)]

とりあえず福祉サービスの項目から
入浴サービス(入浴車)など
入浴に関する部分を独立させるべく
先ずはカテゴリーを分離してみました。
移動などは、これから、ぼちぼち…


脳室拡大で脳幹・小脳が圧迫され
自発呼吸がなくなり、体幹がグデグデ、
体温も維持できない変温動物化して、
在宅に向けて最後に取り組んだのは
入浴をどうするか、ということでした。


人工呼吸器、呼吸状態が安定するまで
病院では洗髪と清拭で清潔を保っていました。
時々洗面器や丈夫なビニール袋に
あたたかいお湯を溜めてもらって
手浴・足浴をしてもらったりしていましたが
お風呂となると日時や段取り、
どんな感じでやろうかなどなど
受持ちの看護師さん、看護師長さんなど
複数の人と相談をしていきました。


りんちゃんの受持ち看護師さんは
学校を卒業して2年目の若手の方と
ベテランさんで私のノリに
無理せずついてこれる楽しい方。


人工呼吸器になって初めての入浴は
年明け間もない2014年1月6日。


IMG_4417.JPG
ベッドの向かって左側には人工呼吸器、
向かって右側にはモニターとか
患者や付添家族用に据えられたキャビネット、
色々とあるから広い病室も
さあ、入浴となると結構狭くなりました。
今は入浴に備えてスタンバイ中。

回路(人工呼吸器の蛇腹)は
ひっぱられていないか、問題ないか、
座位は取っていないけれども
斜めに寝そべった状態ですから
どうやると一番首が安定するか、
二人の看護師さんが準備中。


IMG_4419.JPG
洗髪台を持ち込んで
ベッドの上でシャワーを流しながら
体を綺麗にしていこうかね[あせあせ(飛び散る汗)]

あ、この写真は看護師さんが
大事なところを手で隠してくれている写真!
その隠しているという行為が
なぜか余計にいやらしいよね…
ということで少し下の部分を切りました


IMG_4420.JPG
脇や肩周りを洗うのにも一苦労、
なにせりんちゃんのベッドには
褥瘡(じょくそう:床ずれ)予防の
エアマットが敷いてあるので
いささか安定性に欠けたのです。

ちいさな子どもならば
赤ちゃん用の沐浴バスを使うけれども
りんちゃんはビッグサイズなので[あせあせ(飛び散る汗)]

看護師さん達が探し出した
子どもの水遊びプール、
浮き輪のように空気を入れて使う
長方形の浴槽っぽいプール、
シャワーや石鹸を使い出したら
これがツルツルとよく滑る!
そして、軽い子ならばまだしも、
りんちゃんが圧し掛かると変形する!!


IMG_4421.JPG
背中を洗うのも
シャワーヘッドを持つ人、
回路を管理する人、
上半身を支える人、
腰が滑らないよう支える人、
そして記録係の私と、
全体の状況を確認している
師長さんと担当のドクターと…
さあ、全部で何人だ?


IMG_4422.JPG
横たわっても首を支えきれないから
さりげなく看護師さんが首や顔に手を添えて…


FullSizeRender.jpg
みんなで色々思ったことを口に出しながら
りんちゃんの反応をみながら、
そして記録を残すために撮る私に
「ママ、撮れた?」
場所がないから真正面から撮るでしょう?
4歳児とはいえレディーですから…
写しちゃまずかろうと思うところは
人差し指を立ててパチリと撮ると
かえってこれがとってもいやらしく写ってしまったり
「じゃあ、こうは? あらイヤ~ん」
と看護師さんが空いている手で
りんちゃんの大事なところを隠してくれたり…
「あちゃ~、これもだめだぁ」
なんていいながら大笑いしました。


高い場所、ベッドの上で
ビニールプールを構えて入浴、
人工呼吸器からの距離が一番近くて
呼吸確保の点では一番いい方法ですが、
防水シーツを敷いたとしても
やはりお湯がこぼれる心配とか、
エアマットのせいで体重移動をすると
不安定で危険、
ベッドの上なので万が一
バランスを崩すと転倒が心配、
ベッドサイドに人が多すぎると
かえって動きづらくてとっさの対応が困難…


IMG_4491.JPG
そんな意見もあって
リハビリや移動の時に
回路が抜けないようにと作った
回路固定用のベルトを装着して
入浴を試してみることになったりしました。


でも、実質自宅で入浴となると
そんなに何人も人がいるわけじゃない、
訪問看護師さんといっしょに
自宅の浴槽で入れるとなると
看護師さん2名と私の3人が限度。
今までの入浴の仕方は現実的ではない、
ということで看護師さん1名と私、
2名体勢で入浴チャレンジすることとなりました。


IMG_4767.JPG
床に転倒防止用のマットを敷き
高反発の三角クッションを
ビニール袋に入れて濡れないようにし、
それをビニールプールと一体化させるため
ガムテープでしっかり固定してから
ためしにりんちゃんを寝かせてみました。


IMG_4768.JPG
頭が落ち込まないよう
ビニールプールとクッションの間に
タオルをつめて頭の支え具合を確認、
問題なさそうなことを確認してから
洗髪台(シャワー)を準備して入れました。


背中を洗うために座位をとろうとすると
どうしてもお尻がずれて沈み込むため
無理に上体を起こさずいくことにしました。
自宅で入浴となると今度の問題は
ちいさな我が家の浴室に
このサイズのビニールプールを…
うーーーーーん[たらーっ(汗)]


写真を見ればその時の状況が浮かぶので
メモ書きをとるよりも短い時間で思い出せ、
人に説明するにも一目瞭然。

最後の2枚は退院前のカンファレンスの時に
プリントアウトしたものを参加者に回し、
相談員さん、訪問看護師さん、ヘルパーさんに
「こんな感じで2人で入浴ができました」
と、見てもらって質問を受けたりしました。

付き添い中だったのでメール添付して
お父さんに自宅のパソコンで印刷してもらい
カンファレンスの際に持ってきてもらったのですが
どうやって入浴させようか悩んでいた皆にも
わかり易かったようですし
自宅でする際はどう改良するか
考え易かったようでした。

状態ががらりと変わってしまい
手技が大幅に変わる場合などは
看護師さんに断りを言って
パチリパチリと写真を撮っていました、
携帯のカメラは本当に便利ですね(^^)

実際自宅で入浴をする前には
部屋から浴室までの移動の段取り、
役割分担の確認とか
いっぱいいっぱい相談をしました。
人工呼吸器を小さな浴室に入れると
湿気がよくないからどこに置こうか、
看護師さんと呼吸器の業者さんと相談したり、
座位をとると不安定で危険だから
寝かせっぱなしにするとして、
どんどんと掛け湯をしたり
浴室暖房やら寒さ対策をどうするか、
軌道に乗るまでいっぱい意見を出し合いました。

さあ、この写真が果たして誰かの役に立つのか…
それは疑問でございます ・・(・´ω・`)ゞ


よかったらポチっとしていただけると嬉しいです[黒ハート]

にほんブログ村 介護ブログ 障がい者福祉・介護(個人)へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村



入浴・入浴サービス ブログトップ