So-net無料ブログ作成

治って欲しかった [ARDS(急性呼吸窮迫症候群)]

中村勘三郎さんが亡くなられました。

急性呼吸窮迫症(ARDS)、治療の状況もなにもかも
それなりにわかっているから、大変だと思いながら
なんとか治って欲しかったです。

人工呼吸器が外せるか、そのお世話になるのかは
りんちゃんの場合、10日をめどにしていました。
外せる?どんなだろう、気になりながら日々の生活に追われ
気付けば今朝のニュースでの訃報。

著名人で、東京という大都市で、大きな病院や
その道で権威ある先生方もたくさんいるであろう東京。

私たち家族が住む地方の町では、
喉頭気管分離術を受けるため
他県に行かなくてはならないこともある、
水頭症でも、良い先生に看てもらうため
他県の有名な病院にかかる人もいる、
そんな環境とは異なる大都市、東京。

そんな環境で、更に専門の治療を受けるため
2度転院して治療に専念されて…

環境が整っていても、治らないなんて。


りんちゃんがICUから無事一般病棟に戻って
2,3日後県境で中継してもらい
救急車で掛かり付けの病院に帰りましたが、
熊本の病院を発つ朝、ベテランの看護師さんに
深々頭を下げられ言われた事と情景が思い浮かびます。

「正直もう駄目だと思っていたのに
こうして一般病棟に戻ってきた。
今までの経験で思いこんでいたけれども
良い意味で裏切り、こうして戻ってきた。
自分の認識を改めなければと反省しました。
お子さんもお母さんも治ると信じて戻ってきた、
この年になっていい勉強をさせてもらいました」、と。

たくさんの看護師さんに見送っていただき
約束の時間に中継地点に到着するよう
ばたばたと転院の準備をしていた朝のことでした。
涙涙でごあいさつをして出発した朝でした。
my酸素ボンベを忘れて、病院の敷地を出て
サイレンを鳴らした救急車はUターンして
今出てきた病院に数分で戻ってしまいましたが…
泣き顔で照れ笑いしながらで、格好良く立ち去ることは出来ませんでした[たらーっ(汗)]

今日はあの日の朝の、あの看護師さんの言葉が
今更ながらズッシリと重たくのしかかってきます。
治って帰ってこられたけれども…
本当に危険な綱渡りをしてきたんだと
改めて命があって良かった、助かって良かった、
人工呼吸器を外すことができて良かった、と。


午前中発達支援センターで歌遊びをしてきました。
膝の上で座位をとらせて遊ばせましたが
あたたかなその背中、肩を後ろから抱き
いとおしくてそのまましばらく抱きしめてしまいました。
離したくない、離したらどこかに行ったりしないか…
あの時助かってくれたから今ここにいる、
この命の火が消えることなく
いつまでも抱きしめられれば…
りんちゃんが罹った病気がこんなに恐ろしかったなんて…
勘三郎さんが元気にまたテレビに出てくれたら
「こんな元気になれる!怖い病気じゃなかったんだなぁ」
そう感じたかったのに。


痛みや苦しみから解放され、
天国で存分に歌舞伎に没頭し
親しき人達と大いに語り楽しんで欲しいです。
心よりご冥福をお祈りいたします。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0