So-net無料ブログ作成

なんなんだろう [りんちゃんの呼吸管理]

今朝の窓の外には
一週間前には咲いていなかった、
あれはハクモクレンかしら?
敷地の隅に咲き出したみたい…

こうやってお家に帰る日がくるなんて
思えない時もあったから
本当に帰れるのかと思うとね…
と、笑顔で退院するつもりでいたのに
たくさんの日勤看護師さんたちや
深夜勤務明けの私服の看護師さんの前で
涙でお礼を言って退院して1週間 (>人<;)
「一週間のご無沙汰でした」
と言って昨日の午後、
一週間ぶりの病室に戻ってきました(´・_・`)


ひとつ前の記事をアップした3時間後
急激に呼吸状態が悪化してしまい、
取り返しのつかない状態になるのが怖くて
救急車を呼んで病院へきました。

謎なのは、炎症値は前日の外来時の結果より
微妙に改善されていましたし
レントゲンにも肺炎の兆候は認められず。
でも呼吸状態は酸素を3リットル流しても
血中濃度がなんとか95前後…
結局入院となりました (°_°)


お兄ちゃんが可哀想で…
入院にならないよう頑張れなくてごめん、
一週間前後の入院見込みだけど
できるだけ早く帰るから
日数かぞえて待っていて!
そう電話で伝える向こうの声は
泣かないよう精一杯の
ショボーンとした声。

お父さんは出張でいないから
前の日にビーフシチューを多めに作り
一緒に食べようって言っていたものだから
「お母さん、ビーフシチューはどこにあると?」

大丈夫、ばあちゃんに温めて一緒に食べてやって、
そう頼んであるから心配ないよ、
そう答えたらわかった!じゃあねっ!
そう言って急いで電話を切ったお兄ちゃん。
口では「わかってるよ」「大丈夫」
気丈に答えるお兄ちゃんが不憫です。

14日、昨日のお昼過ぎまで
救急病棟で待機していましたが、
こんなこともあるのね?
病棟貸切状態でした。
14日になって間もなく
Dr.ハリーのアナウンス、
2時過ぎに携帯の地震警報で飛び起き、
7時過ぎに再びDr.ハリーのアナウンス。
地震、結構揺れました、
耐震構造の関係なの? かなりの横揺れ。
Dr.ハリーの要請はどちらも同じ階、
2回目はすぐ近くのベッドだったのですが
凄い、アナウンス後1分経たないうちに
3人のドクターが駆けつけてきた!
モニターだったか人工呼吸器だったか
けたたましいアラームの音が響いていました。
とりあえずこの環境にいるのだから
大丈夫、心配ない、きっと


退院後病室の準備が出来て移動、
病室に入って2時間しないうちに
金曜恒例、回診スタート …
胸の音も綺麗、サチュレーション問題なし、
しかも酸素は止めている!
説明する先生も「あれ?」「あれっ?」
回診を部屋で見ている私も「あれ?あれっ?」
地震のあと酸素3リットル流しているのに
spo2が90を切ってコールしたりと
あれだけ悪かったのは、なんなんだ?
表情も落ち着いてしまったし…
一体なんなんだ!?
嵐のような天候の変化のせいか?
まさか、里心でも?
りんちゃん、ここはあなたの
お家じゃ、なーい! Σ(゚д゚lll)





nice!(15)  コメント(3)  トラックバック(0) 

nice! 15

コメント 3

kazu-kun2626

あらあら 大変ですね~
頑張って
by kazu-kun2626 (2014-03-15 22:46) 

沈丁花

大事に至らず良かったです!安心する場所があって〜ほっとしました。心に余裕が〜♪♪
陽気も良くなるし・・・大丈夫!大丈夫!(^_^)
by 沈丁花 (2014-03-16 06:25) 

獏

まさか病院に再び行きたかった・・・なんてことは
ないと思いますが~(^^)☆
お兄ちゃん 頑張ってますね 我慢強いですね☆
会った時はいっぱい愛して可愛がってあげて下さい☆

by 獏 (2014-03-16 13:25) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。